【S4シングル最高2142最終2067】ポリドサイミミッキュ

はじめに

こちらの記事は童貞卒業シリーズ第2弾、構築記事童貞卒業編となります。まだ第1弾を見ていない方は先にひとつ前の記事をご覧ください

 

f:id:parthenos_Na:20170719003335p:plain

構築経緯

トリックルーム下でのドサイドンの制圧力に魅力を感じ、トリル始動要員としてのポリ2、トリルアタッカーとしてのドサイドン、トリル再展開要員としてのミミッキュの3体から組み始め、残りの3枠は、もう1匹のトリルアタッカーとしてアシレーヌ、トリルターンを枯らしてくるオタクポケモンたちをハメるための瞑想クレセリア、最後にorasで瞑想クレセと並べてよく使っていたバトンメガバシャーモの順に採用した。

 

pt詳細

f:id:parthenos_Na:20170719010635g:plain

バシャーモバシャーモナイト
性格:陽気
特性:加速→加速
実数値:155-172(252)-90-x-91(4)-145(252+)
    155-212(252)-100-x-101(4)-167(252+)
技構成:フレアドライブ/飛び膝蹴り/バトンタッチ/守る

 

普通のバトンメガバシャーモミミッキュやテテフを抜けるよう最速にした。主に後述するクレセリアと共に選出し、クレセリアにバトンする(つもりだった)。

バトンバシャ+瞑想クレセリアの並びはorasの頃によく使っており、バシャがに後出しされるポケモン(耐久水や耐久エスパー)のほとんどをクレセリアが起点にできて相性が良い。

しかし、今回のPTは瞑想クレセリアが軸ではなく、あくまでトリックルームが通らない相手に対する補完としてクレセリアを採用しているため、クレセリアがSを上げたいようなPTには基本的にトリル軸で選出し、バトンの恩恵を感じなかった。

また、ただでさえ重たいドヒドイデカプ・レヒレに大きく隙を見せてしまうため、バトンタッチは雷パンチなどに変えた方がまだ活躍できただろう

選出率6位

 

 

f:id:parthenos_Na:20170719010638g:plain

クレセリア@残飯
性格:臆病
特性:浮遊
実数値:209(108)-67-147(52)-118(180)-151(4)-138(164+) ※A0個体
技構成:サイコショック/冷凍ビーム/瞑想/身代わり

調整
C:余り
H-B:身代わりがアナライズポリゴン2のイカサマ最高乱数切り耐え
H-D:身代わりがC4振りレヒレのムーンフォース確定耐え
S:最速70族抜き+3,S+1で最速135族抜き

 

orasの頃はB20C212(C+1ショックでH252メガゲン確定1発)で使用していたが、Hに振ったゲンガーの減少とポリ2に対する安定性を上げるためBに多めに割いた。

主な役割対象はスイクンクレセリアポリゴン2など、トリパの障害となる高耐久ポケモン全般。そして特にドヒドイデカプ・レヒレにも役割を持つつもりだったが、ドヒドイデに関してはC+1サイコショックが半分入るか入らないか程度なので、黒い霧と自己再生でうまいことPPを枯らされることがあり安定して勝てず、カプ・レヒレに関してはHB図太い型の減少、S振り挑発持ちの増加が多くこれもまた安定して勝てなかった。また、あわよくばヘビーボンバーのないやどみがテッカグヤも起点にできるだろうと考えていたのだが、対戦したカグヤはみなヘビーボンバーを所持していたためカグヤには勝ったためしがない。

とはいえ、ポリ2、クレセ、バナなどのトリルターンを枯らしてくる高耐久勢にはめっぽう強く、受けループに対しても後述するドサイドンと合わせて選出し、かなりの勝率を誇った。

今回の構築にマッチしたかは微妙なところだが、身代わりをして瞑想を積むと降参してもらえる試合も多く、単体としてのポテンシャルは非常に高いと感じた。

選出率5位

 

 

f:id:parthenos_Na:20170719010641g:plain

ポリゴン2@進化の奇石
性格:控え目
特性:ダウンロード
実数値:191(244)-x-112(12)-165(196+)-122(52)-81(4)
技構成:トライアタック/10万ボルト/シャドーボール/トリックルーム

調整
C:D4テテフをシャドボで確2
H-B:A200ガブの逆鱗最高乱数2連切り2耐え
H-D:C200テテフのPFサイキネ9.4%切って2耐え
S:余り

 

トリル始動要員のHC控え目ポリ2。技構成はメインウェポンのトラアタ、グロステテフガルドに打点の持てるシャドボ、PTできついギャラカグヤレヒレスイクンに打てる10万ボルト、採用理由であるトリックルームで完成されていた。冷凍ビームの欲しい場面もあるにはあったが、冷凍ビームの打ちたい相手には基本裏のドサイとアシレが強く出れるため優先順位は他の4つの技には及ばなかった。

基本的に初手に投げ、トリックルームを展開しながら殴っていく。このポケモンで3タテする試合も珍しくなく非常に信頼が厚い。

また、シャドーボールを透かしにノーマルタイプ、トライアタックを透かしにゴーストタイプを後投げされることが多かったため、技選択は相手の裏を確認しながら特に慎重に行うよう心がけた。

選出率2位

 

 

f:id:parthenos_Na:20170719010643g:plain

アシレーヌ@拘り眼鏡
性格:控え目
特性:激流
実数値:179(188)-x-105(84)-191(224+)-138(12)-80 ※めざ炎個体のためCとSがU
技構成:泡沫のアリア/ハイドロポンプ/ムーンフォース/目覚めるパワー(炎)

調整
C:余り
H-B:陽気マンダ(A197)の捨て身を最高乱数切り耐え
H-D:控え目リザY(C232)のソラビ最高乱数切り耐え

 

ドサイドンが出せないときのトリルアタッカーであり、主にカバルドンギャラドスナットレイ入りに選出する。

泡沫のアリアの身代わり貫通が非常に強力で、身代わりでトリルターンを枯らしてくるポケモンを幾度となく葬った。めざ炎はナットレイピンポだが、このPTではナットレイをよく呼ぶのでハイドロポンプより打った回数が多い。ちなみにHBナットレイならばめざ炎で確1である。

カバやナットを相手にする関係上トリルを張らずに戦うことも多く、受け出しする耐久もないので、うまく釣り出しを決める必要が出てくる場面が多々あった。

また、王冠を使えばSの実数値を1上げることができたが、レベル上げが面倒だったのでレベル50のまま使用した。とはいえトリル下で4振り60族を抜けることがうまく働いた試合もあり、Sの実数値に関しては個体値や補正を下げる選択も含めて考察の余地があると感じた。

選出率4位

 

 

f:id:parthenos_Na:20170719010639g:plain

ミミッキュ@フェアリーZ
性格:意地っ張り
特性:化けの皮
実数値:158(220)-143(156+)-113(100)-x-128(20)-118(4)
技構成:じゃれつく/影打ち/呪い/トリックルーム

調整
H:呪い2回で退場できるよう偶数
A:じゃれつくZでバシャーモ、テテフを確1
H-B:意地っ張りメガギャラ(A227)のA+1滝登り最高乱数切り耐え
H-D:余り
S:余り

 

トリル再展開要員。基本的にポリゴン2が展開したトリックルームが切れたタイミングで後出しし再びトリルを張る。同じような動きをするトリル三日月の舞クレセリアとは違い、先制技を持ち、呪いという優秀な退場兼削り技を使えることが強み。

持ち物はフェアリーZで、基本選出のポリ2ドサイミミッキュが2Z選出となってしまうが、基本選出においてこのミミッキュはあくまでトリックルームを張り、呪いで退場することが役割であり、ドサイドンのようにZ技を打つことを前提としたポケモンではないため、2Z選出をしても不便は感じなかった。

配分に関してはBに厚く振ることで等倍の攻撃なら大抵は1発耐えるようになっているが、S2で使用した調整をそのまま流用したためメガバシャのフレドラで乱数で落ちる。今後使うときはHを削ってBに回したい。

選出率1位

 

 

f:id:parthenos_Na:20170719010645g:plain

ドサイドン@岩Z
性格:意地っ張り
特性:ハードロック
実数値:207(132)-211(252+)-153(20)-x-88(100)-61(4)
技構成:地震/ロックブラスト/剣の舞/岩石砲

調整
A:特化
H-B:A197メガルカリオインファイト最高乱数切り耐え
H-D:C200テテフのPF下サイコキネシス最高乱数切り耐え
S:余り

 

最強のトリルアタッカー。岩石砲Zの威力がすさまじく、打つと相手のポケモンが1匹消し飛ぶ。その火力もさることながら、物理耐久も非常に高く、トリルが切れてもバシャーモやガルーラに殴り勝つポテンシャルを持つ。

技範囲が岩地面である都合上、トリックルーム下でのシビアな交換読みを要求されるため使うには慣れが必要。

基本的にはポリ2やミミッキュと選出するが、受けループに対してはトリルなしで選出して剣舞岩Zをお見舞いする。

選出率3位

 

選出パターン

ポリゴン2+ドサイドン+ミミッキュ
ポリゴン2+アシレーヌ+ミミッキュ
バシャーモ+クレセリア+@1(ミミッキュ多め) ※対耐久よりのサイクル
ドサイドン+クレセリア+ミミッキュorバシャーモ ※対受けループ

 

結果

最高2142

f:id:parthenos_Na:20170721233952j:plain

最終2067

f:id:parthenos_Na:20170721233824p:plain

 

あとがたり

最終日の夜中2時の時点で1850だったため、S4はあきらめてFGOをやろうとしたのだが、残念ながらFGOは緊急メンテだったので潜った。「本当にこれサンムーン?」と思うほどにマッチング運がよく、2100まで自己レート±20の人とばかりマッチングしスムーズにレートが上がった。2100に乗ってから2敗したものの、その後は6連勝して自己最高レートである2142に到達。この時点で朝8時だったのだが、最終日に潜るときは毎回メンテギリギリまで対戦を続けると決めていたため、その後の一時間で1勝4敗という戦績を収め2067まで溶けて終了。

S5は夏休みを含みますので対戦数300を目標に頑張っていきたいと思います。ここまでお付き合いいただきありがとうございました!